ときわ会について

ときわ会について

地域に学び地域でつながり未来を創る教育を私たちは実現します。

地域と学校が課題を共有し、その課題解決に向けた協働による学びを通して、
未来を創る子どもを育てる教育活動を行っています。

想像を超える速さで変化している社会状況や学校を取り巻く環境に対して柔軟に対応しながら、
子どもたちを育むために新たな教育課題に対応した実践的指導力を高める取組をすすめています。

ときわ会本旨

1
われらは人格の形成者としての社会的責任と自覚を堅持して進む者のつどいである。

人の子の師である教師は、無限の可能性を包蔵する子どもの人格を形成するものである。しかも、教育の盛衰は国家民族の隆替にかかわるだけでなく、世界の平和と進展に日本国民が大なる役割をはたすことができるか否かに通ずるものである。このような教育の道に志し、それに努めたわれらは、この社会的責任の重大さに深く思いをいたし、使命感に燃えなければならない。

2
われらはつねに厳しくみずから鍛え、相互に錬磨しあう者のつどいである。

教師に課せられた厳しい責任と使命を自覚する者は、まず、みずからの人生観、世界観の確立を期してはげしくおのれを鍛えようとする。そのために、われらはつねに先人の業を尋ね、同行の友と睦み、次代に期待しつつ相互に教示し錬磨の道を歩む。

3
われらは不朽の理想実現のために結集し、生生発展する者のつどいである。

教育は国家百年の大計であり、個人を超えた永遠の生命である。したがって、教師たるものは時運にまどわず、歴史を省み、将来をおもんばかり、みずからの生命も生生躍動し、前進するものでなくてはならない。

われらは終生この本旨を堅持し、崇高な理想を追求しようとする者の総力を結集し、
もって教育の進展と社会の進運に寄与しようとするものである。

ときわ会未来図

常緑の「松」は、ときわ会のシンボルツリー。
ときわ会150周年に向けた私たちの「未来図構想」です。

ときわ会未来図

会長挨拶
本年度の重点

令和4年度 代議員会 役員代表 挨拶

会長 大橋 伸夫(60年度)

ときわ会の会長として承認いただきました、60年度新潟市立白新中学校の大橋伸夫でございます。ときわ会員一人一人が、ときわ会員で良かったと思える会となるよう、これまでの経験を活かし、これまでの自分どおり楽しく、努めてまいります。みなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

世界的パンデミックである新型コロナウイルス感染症の影響が2年以上続いています。しかし、GIGAスクール構想による対応など、この2年間で社会の中で学校だけが取り残されていたことが、急激に改善されたことも事実です。また、学校の働き方改革に関連し、中学校の部活動の地域移行などが急速に進もうとしています。これまで課題とされていたことに正面から向き合わなければ、どんどん時代の流れに乗り遅れていくことになります。私たち教職員は、これからの未来を生きる子供たちを育てることが使命です。時代の流れに乗り遅れそうだと慌てるのではなく、常に先を見て、必要なことは何か、求められていることは何かを問い続け、今やるべきことを着実に、しかも、質高く実施しなければなりません。

ときわ会は、令和5年度に150周年を迎えます。これも、それぞれの時代の中で、多くの先輩が、常に先を見据え、自ら研鑽を積み重ね、互いに切磋琢磨してきたからに他なりません。我々会員が、受け継ぐべきは、その高い志と不断に努力を重ねる姿勢です。150周年、そして、その先のときわ会を考えた時、今求められることは、ときわ会が目指す姿を求め、一人一人が真剣に考え、自ら行動に移していくことです。

新しい教育の方向が矢継ぎ早に示される中、教職員の若返りも進んでいます。同時に、再任用制度、そして、今後の定年延長により、60歳を超えるベテランの教職員も増えていきます。しかし、経験年数、年齢に関係なく、今、求められている教育に正対することは、当たり前のことです。全ての教職員が、常に学び続け、自らの教職員としての資質・能力を高め続ける努力をしなければならないのです。その時に、ときわ会が大切にしてきた研修と親睦がどのような意味をもつのかを考えていかなければなりません。

考える視点はたくさんあると思いますが、その1つについて具体的な数字でお話しします。

現在、ときわ会には様々な校種、職種の会員がいますが、その中でも多くの会員数を占める小学校、中学校、特別支援学校についての数字で話をします。

新潟県内の小・中・特別支援学校に勤務する教職員は、約14,500人、その内、男性は、約6,400人で44%、女性は、約8,100人で56%です。

ときわ会の現職会員は、約3,200人、その内、男性は、約2,600人で81%、女性は、約600人で19%です。各校種別の数値は、ここではお話しませんが、いずれも、教職員数における男女の割合と、会員数における男女の割合には、大きな開きがあります。150周年の先のときわ会が、これまで以上に価値のある研修団体として、広く社会に認めてもらえるようになるためにも、この数値を見逃すことはできません。

教職員は研修したいという意欲を、男女に関係なく、みんなが持っています。昔とは研修の環境が大きく変化し、自分が求めれば様々な研修を受けたり、学んだりすることができる時代になっています。だからこそ、主体的に、自ら集い、研修を重ねているときわ会に魅力を感じ、自ら入ることを希望する女性が増えるかどうか、これからのときわ会の目指すべき姿を考える上で、一つの大きな指標としなければならないと考えています。

そんな選ばれるときわ会にするために、私が大切にしたいことは、「研修」と「人」というときわ会にとっての強みです。しかし、この強みも、社会の変化に応じて常に更新されなければ、それは反対に弱みになってしまいます。そうならないようスタートすることの1つが、「ときわセレクト研修」です。これは、まさにときわ会の強みである研修と人を存分に活用することができる場です。同時に、弱みにならないよう状況に応じて更新していけるものだと、私自身は大変楽しみにしています。新しい研修のシステムです。みんなで夢をもって、会員が参加することを心待ちにするような研修を創っていきましょう。

私は、いろいろなところでよく「毎日楽しく生きている人は手を挙げてください」と問うています。同じようにみなさんに問うた時に、みなさんは迷いなく手を挙げることができるでしょうか。ここにいるみなさんは、ときわ会のリーダーです。そのリーダーが楽しく生きているかと問われ、迷いなく手を挙げることができない。そんなリーダーがいる組織は夢のある、希望に満ちた組織とはいえません。私の願いは、ときわ会の会員に問うた時、みんなが迷いなく手を挙げることができることです。それは、ときわ会に限ったことでなく、学校でも同じだと思います。学校の中で、楽しく生きていると言えない教職員がいる学校で、子供たちが楽しく学校生活を送ることなどできません。

楽しさとは努力の先にある楽しさです。その人にとっての真の楽しさは、努力の先にしかありません。そして、私がいう努力するとは、自ら考え、行動することです。人に強制されてやることは努力ではありません。人に環境を整えてもらって、その中だけで物事を進めることも努力ではありません。今の自分を見つめ、自分のなりたい姿を明確にする。そこに課題が生まれます。そして、それに向けて進むことが努力です。その過程で私たちは成長していくのだと考えています。その努力を重ねる一人一人を支えることができるときわ会であれば、多くの人が魅力を感じてくれるのではないかと考えています。

そのためにも、一人一人の会員の主体性を尊重できるよう研修を充実すること、そして、成長したいと願う会員を支え続けることができるよう組織を活性化することが大切です。この後、提案される令和4年度のときわ会の基本方針、「新しい時代の教育に向け、自らを高め続ける会員一人一人を支えるときわ会」は、それを示したものです。

ときわ会が魅力ある会であるかどうかは、まずは、会員一人一人が自分にとっての価値を見出せるよう、自ら考え、行動することにかかっています。そして、それが他に伝わるかどうかは、各学校等での会員一人一人の姿が、いかに輝いているかにかかっています。様々な方法で情報発信することは、常に工夫改善していかなければいけません。しかし、ときわ会の財産であるみなさん一人一人の姿にかなうものはないのです。

また、この後、令和4年度ときわ会の活動の重点を提案いたしますが、その重点を実際の活動に活かす中心となるのが、ここにお集まりのみなさんです。ここにいるみなさんが、リーダーシップを発揮し、各支部、各年度の活動を活性化してください。そのためにも、様々な活動を検討する時に、必ず「何のためなのか」を明確にし、十分検討してください。それが重点達成の一番のポイントです。

さらに、その時に大切なのが、みなさんの行動です。みなさんは、それぞれが素晴らしい資質、能力を持ち、これまで多くの実績を積み重ねるとともに、人間性を磨いてきました。しかし、みなさんのリーダーとしての素晴らしさは、みなさんの行動でしか他には伝わりません。ぜひ、みなさん一人一人が、先頭に立って、ときわ会のこれからを創っていってください。

ときわ会の150周年、その先のあるべき姿に正解はありません。こうあるべきは、ありません。しかし、目指す姿はあるはずです。私が考える目指す姿は、それぞれがときわ会に価値を見出し、自ら考え、行動し、よりよい自己を作り上げるために、主体的に参加し楽しんでいる会員一人一人の姿です。

これまでの歴史、多くの先輩方の積み重ねは、私たちにとってのスタートラインです。スタートラインに立った以上、後戻りすることはできないのです。一歩を踏み出し、前に進むのです。その一歩を踏み出すのは、自分の意志です。自分たちの目指す姿に向かい、みんなで楽しく集い、楽しく学び、そして、互いに成長しましょう。

会長という重責をいただいたからには、ここにいる役員と共に、みなさんの先頭に立って学び続けます。そのことをお誓いし、役員代表としての、所信の挨拶といたします。